官能小説『掘割の畔に棲む女』

知佳 作



 



<目次>

1 ~何処からか流れて来た通いの女中~

2 ~二階の喫茶ルームにて~

3 ~コーヒーカップを前にし戸惑う千里~

4 ~女中という名の雇女~

5 ~夜伽の代償~

6 ~通い妻~

7 ~足手まといな雑用係~

8 ~栄養失調との闘い~

9 ~夜泣き~

10 ~嫉み妬み~

11 ~振り子のように揺れる心~

12 ~鉈を持ち出してきた男~

13 ~女囚~

14 ~生きる知恵 阿り (おもねり) ~

15 ~法律のはざまで~

16 ~知識不足ゆえの行き違い~

17 ~天空に星が瞬く頃に 廃屋からの出発~

18 ~心の闇を溶かしてくれた驟雨~

19 ~見習い農婦~

20 ~鍛え上げた肉体のみが持つ魔力~

21 ~売春宿の汚名を着せられ立ち退きを要求される~

22 ~知らないで魅せ付け~

23 ~拘留中に同房だった女囚の出獄~

24 ~女囚同士の淫交を勃起力に変え~

25 ~欲情しきった女囚の咆哮~

26 ~田舎に女が越してきた~

27 ~絡み合う手~

28 ~母と息子~

29 ~千秋さんVS蘭子さん~

30 ~それぞれの後追い~

31 ~失意に打ちひしがれる蘭子さん~

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43





image




★知佳さんの投稿作品一覧★




<筆者知佳さんのブログ>

元ヤン介護士 知佳さん。 友人久美さんが語る実話「高原ホテル」や創作小説「入谷村の淫習」など

『【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」』



女衒の家系に生まれ、それは売られていった女たちの呪いなのか、輪廻の炎は運命の高原ホテルへ彼女をいざなう……

『Japanese-wifeblog』










投稿官能小説(4)

トップページ
inserted by FC2 system