官能小説『汚された白衣』

赤星直也 作



画像は相互リンク先「PORNOGRAPH」REN様からお借りしています



第11話 ヌードモデル

 依子達は出資者の体を洗い終えると健太と健二が待つ部屋に戻り「お願いですから、もうレイプしないで下さい…」頼み込んだ。
「レイプはイヤか?」なだめるように、健太が依子を抱きしめて聞くと「はい、イヤです。愛されてのセックスなら構いませんが…」答える。

 「こういう具合にか?」健太は依子の唇を吸いながら乳房を揉みだし(先生、約束ですよ。必ずお嫁にして下さい…)依子もそれに応えて健太の浴衣の帯を解き、股間を撫でていく。
「淳子もいいだろう。こういう具合になら…」淳子も健二に乳房を揉まれて、健二の股間を露わにして肉竿を取りだすと「下さい、先生のエキスを…」掴んで擦りだした。

 「欲しいのか、淳子?」
「はい、先生のなら、喜んで受け止めます。ですが…」言葉が途切れた。
「もう少し我慢してくれ。もうすぐで、終わりだから」健二は淳子を仰向けに寝かせ、肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「先生、必ずお嫁にして下さいね」
「わかっているよ、淳子」健二は乳房を吸いながら腰を振っていく。

 「私も、お嫁に貰って下さいね」依子も健太に馬乗りになって腰を振り「勿論だよ依子。ここまで来れたのも、お前達のおかげだ」揺れ動く乳首を摘み、転がすようにしていくと「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げるていく。
淳子も負けじと「あん、あん、あん!」悶え声を上げて出し、ルミはそれを黙って見ている。

 やがて依子と淳子の淫裂には、肉竿から精液が放出され、白い液体が淫裂から流れだし「ルミ、口でやってくれ。今度はルミの番だ!」「はい、わかりました」ルミは立った健太の正面に膝を降ろして肉竿を口に含んでいく。

 「俺もいいだろう、ルミ」健二も加わった。
「そんな、2人一緒だなんて無理です…」戸惑うと「大丈夫だよ、ルミ」健二が仰向けになり、ルミをお腹に乗せた。
「こうすればいいんだから」淫裂に射精を終えたばかりの肉竿を押し当て、膣奥まで入れられて「あっ、あ~!」声を上げだす。

 さらに、健二は背中を抱き寄せ、乳房と胸を密着させていく。
「先生、お尻は許して、汚いからイヤです。2回しますからいいでしょう?」
「そうはいかないな。一緒に楽しみたいし」ルミの肛門から肉竿が入り込み「あ、あ、あ!」悲鳴を上げてもを目指してくる。
「イヤ、お尻はイヤ!」ルミの体が震えているが、健太の肉竿は根本まで入り込んでしまった。

 「許して下さい、先生。お尻は許して下さい…」
「我慢しろ、すぐに終わるから」二つの肉竿が一斉に動き出し「あん、あん、あん!」体を反らせて声を上げている。
「オッパイもいいだろう?」2人に一個ずつ乳房を掴まれ揉まれ「凄いわ、凄くいい。オッパイを揉まれながらされると、いいわ…」淫裂から白い淫汁が流れている。
「ルミも、もう少し頑張れば借金が消えるぞ…」真っ赤な嘘を言いながら2人はルミにも射精した。

 翌朝、依子達は早く起きて浴室に向かっていた。
静まりかえったホテルの廊下を全裸姿の3人が歩いて(見られたら、またレイプされるかも…)怯えながら浴室に入ると、目黒医院の看護婦達が入っている。
「一緒させて下さい」
「どうぞ、遠慮なさらずに」辱められた女性同士なのですぐにうち解け話が弾んだ。

 「私は森山良子です。こちらが田代恭子さんで、こちらが…」一番年輩と思われる良子が同僚を紹介し「遅れまして申し訳ありません。木村依子と言いまして、こちらが…」依子も紹介する。
「今度は、一緒に仕事をする事になりそうですし…」
「そうらしいわね。一緒になって総合病院になるそうですから」

 「一緒になったら、仲良く仕事をしましょうね」
「それは当然です、こちらこそお願いします」雑談をすますと、良子達4人はカミソリで淫裂の周りを剃っていく。

 「ヘアを手入れなさっているのですか?」
「はい、先生が首から下のヘアを剃るように言っていますから」顔を赤らめながら丁寧に剃っていく。
(私も、また剃られるんだわ。我慢しないと)3人はそれを黙って見ている。

 そして、体を洗い終えると部屋に戻ってきた。
「何だ、風呂に行ってたのか?」
「はい、綺麗に洗ってきました」
「だったら、綺麗になったオ○ンコを見せてくれ」
「先生、恥ずかしいです、そんな事は」
「やれ、やるんだ!」
「わかりました」全裸の3人は足を開き指で淫裂を広げていく。

 「依子のオ○ンコは大丈夫か?」
「少し痛いです。昨日はやりすぎましたから」
「淳子はどうだ?」
「同じです、散々やられましたし」
「そうだよな、やりすぎたかな」苦笑いをしながら3人の淫裂を見ている。
「よし、今日はオ○ンコ無しだ。その代わりヌード撮影会だ。いいよな」
「イヤ、写真はイヤです。必ず脅かされますから許して下さい」泣き出すルミだ。

 「大丈夫だよ、皆が秘密を守る出資者だから。それに看護婦姿がいいと言っていたから白衣を着ろよ」
「置いたままです、宴会場に。それに下着が破かれて、着られません…」
「そうだよな。狂ったようにお前達を裸にしていたしな…」思い出したのかニヤニヤして乳房を撫でていく。

 「とにかく、用意してあるそうだから宴会場に行って来い!」
「わかりました」3人は昨日の宴会場に行くと段ボール箱が置いてある。
「下着があるわ。でも、皆同じ白よ。しかも、メッシュよ」
「ないよりましよ。サイズはフリーみたいね」全裸の3人はパンティ、ブラジャーと着込んでいくと、あの4人も現れた。

 「あら、下着があるのね、よかったわ」ホッとしたのか笑顔で着込んでいく。
「でもイヤらしいわ、乳首が飛び出ているし、性器が見えているの」荒いメッシュは乳房、股間を隠せず、露わにしている。
それでも着込み、白衣を着てもう看護婦姿になっている。

 「これが一番落ち着くわ、本職だし」
「そうよ、これが一番よ」看護婦姿になった3人は部屋に戻り、朝食を摂ると8時にはホテルを出た。

 ワゴン車は繁華街を通り抜け、閑静な町並みを走っていく。
「あら、病院かしら?」白い建物が見える。
「そうだ、倒産した病院だよ。借金を抱えてな」
「借金で倒産?」
「そうさ、建てる時に闇金融から借りたんだよ、年利3割だったそうだ」
「そんなに高いところから借りたんだ…」
「元手が足りなかったそうだ。だから、お前達には悪いと思っているが、あんな事をして貰っているんだよ」

 「先生、わかりました。頑張りますから、約束をお願いしますよ」
「わかっているよ。お前達のおかげでここまで来れたんだからな」お世辞を言いながら車を乗り入れ「着いたぞ。降りてもいいぞ」車から降りて建物の中に入っていく。

 「あら、まだ痛んでいないわ。すぐにでも使えるわよ」
「そうさ。手入れされていて、いつでも開院できるんだ」5人が中を歩いて行くと人垣が出来ていた。
「お待たせしました。内の看護婦です」
「こちらこそ。それより、お願いの件は大丈夫でしょうな?」
「はい、納得していますから。それより、目黒さんはまだですか?」
「もうすぐと思いますが。取り合えず見学して下さい」

 「わかりました」健太や健二を先頭にして病院の中を見ていく。
「兄貴、これは勿体ないな。こんな設備があるんだから…」
「そうなんだ、だからここが欲しいんだ。目黒さんの外科と一緒にやれば何とかやれるし」話しながら歩いた。

 一通り、病院を歩き終えると人垣の所に戻ると「黒岩さん、遅れて申し訳ありません」目黒が声を掛けてくる。
「お気になさらずに。でも、ここはいいですよ。買い得ですね」
「私もそう思っています。ですから、内の看護婦達も張り切ってますよ」良子達は目黒の言葉に項垂れたままだ。

 「皆さん揃いましたね。看護婦さん達はこれからクジを引いて下さい」7枚のカードが用意されている。
「良子さんから引いて下さい」
「すみません、やらせて頂きます」良子はカードを引いた。

 「あら、胃腸科だわ」
「胃腸科ですかね。胃腸科の診察室へお願いします」良子は胃腸科に歩いて行き「今度は私だわ」依子が引いた。
「内科だわ、内科の診察室へ行けばいいのね?」
「そうです。引いた所に行けばいいんです」こうして残された5人も次々と引いて、それぞれ診察室に向かった。

 ルミは整形外科を引いて「ここだわ」診察室にはいるとカメラを持った10人程が待っていて「ラッキー、美人の可愛い子だぞ」笑顔で迎えた。
「よろしくお願いします、始めてのモデルですから」
「そんな挨拶はいいから。それより、こうして」入るなり、白衣姿のままポーズを取らされ(これなら安心だわ)笑顔でまだ余裕があった。

 だが、時間が経つに連れて「はい、ボタンを外してから肩を出して」徐々に過激になっていく。
(セックスしないなら我慢しないと…)白衣が肩から下がり、メッシュのブラジャーが覗き、そのブラジャーからは乳首が飛び出て、顔を赤らめ、乳房を出したままカメラに収められていく。

 「いいね、その恥ずかしさが。そのまま、スカートを捲り上げて」言われるままに裾を持ち上げて股間を晒した。
「いいよ、凄くいい。ブラを持ち上げてオッパイを出すからね」ルミのブラジャーが捲り上げられて、白衣の隙間から乳房が覗いている。

 (オッパイが、掴まれている!)ルミの呼吸が速まっていく。
「そのままオッパイを掴んでいてくれ、その方がいいよ」シャッターが押されていく。
(イヤ、こんな姿はイヤです!)顔を背けたままだ。
「こっち向いて!」注意され、カメラを見つめるルミは目の下が真っ赤に腫れ上がっている。

 「もっと刺激的なのがいいな。そうだ、片手を出して!」
(イヤ、そんな事したらオッパイが…)渋々右手を白衣から脱いで行く。
「ブラも外して!」ブラジャーのホックも外された。
「いいよ、凄くセクシー」白衣から乳房が飛び出し、パンティも見えている。

 「パンティも片方脱いで!」無理矢理引き下げられ、右足が抜かれ膝まで戻された。
「パイパンオ○ンコか。それもいいよ。ダメ、横向かないで正面を向かないと」裾を持ち上げられ、足を開かされるとパックリと口を開いた淫裂が丸見えになっている。
(撮らないで、性器は撮らないで!)恥ずかしさで体が小刻みに震えていた。

 「はい、今度は指でオ○ンコを広げて」
(いや、そんなのいや!)イヤでも、言われた事はやるしかなく、指で淫裂を広げ、膣腔をカメラの前に晒した。
「ダメ、目を開けないと!」
(恥ずかしいのよ、こんな事をするなんて…)渋々閉じた目を開けてカメラを見つめるとシャッターが一斉に押された。

 「もう片手も脱いで、オッパイの丸出しです」ルミはもう片手も脱いだ。
「ブラも片方だけ脱いで」ブラジャーからも片手を脱いでいくと、胸にブラジャーがぶら下がっている。
「いいよ、この方が色っぽくて」両乳房が露わになり「オ○ンコも広げたままにして」白衣は腰に巻き付いたままで(イヤ、こんなのイヤです!)泣きたい気持ちを堪えている。

 撮影はドンドン進み、ルミはナース帽だけの全裸になってしまった。
「看護婦さんの淫乱ぶりを撮りたいな。2人手伝ってくれ」2人がズボンを脱いで下半身を剥き出しにしていく。
「イヤ、セックスはしない約束です!」手で股間を覆った。

 「そんな事しませんよ。二つを掴んで笑顔です」
(イヤ、オチンチンを掴んで撮られるなんて…)嫌々両腕を広げて肉竿を掴み、足を開いていく。
「いいよ、その姿が!」シャッターが押されていく。

 「一つ、口に入れて」(フェラをしろというのね)右手の肉竿を口に含んでいく。
「いいよ、それも」シャッターが押されて「そのまま2人追加だ!」新たに2人加わった。
(イヤ、性器を触らないで!)新たに加わった2人が淫裂を広げ、乳房を掴んだ。
「はい、両手で掴んで」ルミはもう泣きたい気分になっているが、それでも撮影は続いた。

 「イヤ、入れないで!」両腕が押さえられたまま、淫裂にバイブが押し込まれ「あ、あ、あ!」喘ぐルミを無視してゆっくりとピストンを始めていく。
「セックスじゃないからいいよな」カメラに収められ(イヤよ、こんな事したくないわよ)振動が膣の中に響いている。

 同じように、依子達も同じ事をされていた。
「撮らないで下さい、入れるだけにして下さい」叫んでいるが淫裂にバイブが押し込まれた。
「口でして下さい」無理矢理口に、肉竿を押し込まれて(イヤ、こんな事を撮られるなんて)泣きたい気持ちでカメラを見つめていた。

 撮影が済んだのは2時間後だった。
「今度は懇親会です。行きましょう」全裸のまま脱いだ白衣を持って歩いていく。
「終わりましたね。皆さん揃っていますから懇親会を始めますよ」大きな会議室に集まっている。

 「看護婦さん、四つん這いになって下さい、懇親会ですから」
「四つん這いですか?」意味が理解できないまま7人は四つん這いになった。
「入れますよ。綺麗にしますから我慢して下さい」肛門に浣腸器が押し込まれた。

 「イヤ、やめて、お願い入れないで。お尻ではイヤです!」
「だったら、オ○ンコでいいですか?」
「イヤ。それもイヤです!」
「それなら、ここでして下さい」冷たい薬剤が逆流して(トイレに行きたい!)すぐに効果が現れた。

 「トイレに行きたかったら、お尻でのオ○ンコをして下さいよ」
「するわ。お尻でするからトイレに行かせて…」足踏みが始まった。
「約束ですよ」
「約束する。だからトイレに行かせて…」

 「いいですよ、行っても」ドアが開き7人はトイレで排出した。
その後、四つん這いになり、肛門にゼリーを入れられてから肉竿が入れられていく。
「あ、あ、あ!」四つん這いの7人は顔を歪め、直腸を突き刺されていった。



前頁/次頁



画像は相互リンク先「PORNOGRAPH」REN様からお借りしています











ハードなものからソフトなものまで官能小説どっさり。自作品のほか投稿もあり。
ジャンルは、OL、近親相姦、人妻、女医・ナース、教師、婦警、女子アナ、などジ多彩。



作者赤星さんのブログバージョン。
本サイトとは一味違った作品が掲載されています。



未知の星さんのモバイル版。
スマホ等から読まれる場合に便利です。











表紙

投稿官能小説(4)

トップページ
inserted by FC2 system